0823-76-3351

〒737-0112 広島県呉市広古新開7丁目24-3 301号

呉市広古新開の小早川クリニック 心療内科(心療内科・精神科)

アルコール依存症

思春期こどもの心の相談

よくあるご質問

初診の方へ

MOBILE SITE 左のQRコードから、携帯サイトがご覧いただけます。

アルコール依存症

飲酒したいという強烈な渇望がおこり、飲酒のコントロールがきかず節酒ができない、アルコールが体から切れてくると手指のふるえや発汗などの離脱症状が出現する等の精神、身体症状が出現する疾患です。個人の意思や性格の問題でなく病気としての治療が必要です。2014年日本精神神経学会でアルコール使用障害と病名が改められました。

合併症

膵炎、肝炎、心筋症、末梢神経炎、小脳変性症、ウェルニッケ・コルサコフ症候群、アルコール性認知症といった身体疾患を合併します。

治療

断酒が必要となるため、心理教育、ストレスに対するケアを行います。断酒を補助するような薬物も併用します。うつ病や社交不安障害といった他のこころの病気を併発している場合もあり、同時に治療することにより断酒率が高まります。集団療法が必要な場合には専門病院に紹介させていただきます。

ページのトップへ